データセンターにおける瞬低・停電対策

【活用事例】データセンターにおける瞬低・停電対策.jpg

対象業種

  • 【情報通信業】データセンター、無線基地局

課題と背景

情報革命と言われて久しい昨今、グローバルなクラウド・ネットワーク技術の進化及びデジタルコンテンツの飛躍的な増加に伴い、社会のデジタル化が一気に進んだため、ビッグデータといわれるように膨大に増えるデータ流通量と、それを有効活用する為のデータセンターの拡充が世界的に進行しています。

世界のデータセンター売上高の推移及び予測(カテゴリ別).png

引用:世界のデータセンター売上高の推移及び予測(カテゴリ別)

特に災害の多い日本国内では、自然災害が起きたときのライフラインとなるデータセンターには停電時にPCやサーバーに電力を供給する装置である無停電電源装置(UPS)と呼ばれるバックアップ電源が必須です。

このUPSの電源には、これまでは、鉛電池やリチウムイオン電池がが主流となっていました。一方で、鉛電池やリチウムイオン電池を搭載する無停電電源装置(UPS)では、定期的にメンテナンスが必要になり、一定期間が経過すれば交換が必要という課題がありました。

リチウムイオンキャパシタ(LIC)の特徴と技術的優位性

データセンターの電源装置では、主に以下のポイントが重視されます。
リチウムイオンキャパシタであればこれらを解決できる特徴があります。

長寿命

  • 期待寿命15年のシステム設計が可能です。

高い動作電圧

  • LIC高電圧(3.8V/セル)により、EDLC(電気二重層コンデンサ、2.7V/セル)対比、必要セル数の低減、電源の小型化が可能です。

高いエネルギー密度

  • EDLC対比、高エネルギー密度により、数十秒~数分レベルの電力補償ができ、「系統無 瞬断切替」、「非常用発電機との連系システムの構築」が可能です。

蓄電デバイス比較表

リチウムイオンキャパシタ(LIC) リチウムイオン電池(LIB) 電気二重層キャパシタ(EDLC) 鉛蓄電池
電圧
エネルギー密度
安全性
寿命

高出力、長寿命、高安全性のリチウムイオンキャパシタ

資料ダウンロード お問い合わせ