再生可能エネルギー(交通信号機)

【活用事例】再生可能エネルギー(交通信号機)

対象業種

  • 【交通システム事業】交通機関向け機器・システム会社

課題と背景

昨今、日本国内では様々な災害が発生しており、停電の危険性が高まる中、実際に交通信号機の停電事例が発生しています。交通信号機の停電は大きな事故や交通インフラの混乱に繋がり、様々な損失が発生しかねません。

こうした背景から、今日では交通信号機のBCP対策の必要性が益々高まってきています。

リチウムイオンキャパシタ(LIC)の特徴と技術的優位性

リチウムイオンキャパシタは、リチウムイオン電池に比べ安全性が高く、使用温度範囲も広い上に長寿命です。また、交通信号機でよく使われる太陽電池との相性も良いという特徴を有しております。

長寿命

  • 交通信号機は、設置時だけでなく継続的な設備交換やメンテナンスに人手とコストがかかります。リチウムイオンキャパシタは充放電サイクルが100万回以上と、鉛電池や、リチウムイオン電池と比べても、圧倒的に長寿命のため、電源システムのメンテナンスの手間と交換頻度を大幅に削減可能です。

高い安全性

  • リチウムイオンキャパシタは正極が活性炭なので、リチウムイオン電池に使われる金属酸化物の様な過充電時における熱暴走は生じません。また非危険物のため、輸送や運搬も容易です。

広い使用温度範囲

  • リチウムイオンキャパシタの使用温度範囲は-40℃から+70℃と広域なので、夏場の高温地域でも、冬場、氷点下になる極寒地域でも、使用することができます。

蓄電デバイス比較表

リチウムイオンキャパシタ(LIC) リチウムイオン電池(LIB) 備考
安全性 × 熱暴走の危険性
信頼性 -40℃~70℃ 0℃~45℃ LIC:充電サイクル100万回以上
LIB:2000回程
メンテナンスサイクル 15年以上 3~5年 低日射時の充電特性
太陽電池との相性 LIC:非危険物
輸送 ×

提供製品・サービス

角形セル 角形セルモジュール

高出力、長寿命、高安全性のリチウムイオンキャパシタ

資料ダウンロード お問い合わせ